So-net無料ブログ作成

ホームシアターシステムBDV-N1WLがなんか近未来 [その他製品]

BDV-N1WL-Product.jpg

ホームシアターシステムは、大型店舗等ではよく見かけるものの、その広さがあるからこそ、迫力ある映画や音楽のコンテンツを堪能できると思ってきました。

しかし、液晶テレビは大型化が進み、4Kタイプに至っては50インチ以上のサイズが主流になるなど、もう映画館には行かなくても、十分迫力あるシステムが家庭内で構築できるのではと思えるようになってきました。


デザインがなんか近未来っぽくないですか?(笑)
黒を基調としたデザインが多いなか、BDV-N1WLの白と水色がまぶしいです。



今時のホームシアターとは


昔はCD、DVD、BDに収録された有料コンテンツのみ利用可能でしたが、最近では、みなさんご存じのYoutubeや有料動画配信サービスのhuluなどのネットサービス、THE 世界遺産の4Kプレミアム版(Sony presents)のような番組も始まりました。

音楽だけ聞くのであれば、スマホやPCに蓄えたものなど、多種多様なソースが家庭には蓄積されています。

更には、このBDV-N1WLには、スポーツ再生という機能が備わっていて、特にサッカーの試合観戦に於いては、観客の歓声を増幅する事ができます。
(アナウンサーのOFF機能もあるそうで、気に入らない人だったら、試合音だけで観戦できます。)

BDV-N1WL-Soccormode.jpg

一度、バルセロナのカンプノウでバルサVSサラゴサを生観戦したことがあります。
チケットは奮発しました(笑)

実際に生で観戦して、とても感動したのですが、メッシのプレーもそうですが、やはり、それに呼応する満員の観客の歓声で、観ている人もエキサイティングしてくるものなのかなと思います。

プレーそのものは、テレビで見ていたほうがよく見えます(笑)

ただ、会場の一体感のようなものは、普通のテレビでは味わえませんね。


カンプノウでは、試合中やハーフタイムにときどき歌うバルサのチャントがあります。

Tot el camp(チャチャチャ)
・・・
バルサ!バルサ!バールサ!


生で聴いて、一緒に歌えば、テンションマックスになりますが(なりました)、スポーツ再生機能で疑似体験が出来そうですね!(近所迷惑にご注意を)



臨場感を引き出すスピーカシステム


音作りが、このホームシアターの鍵です。
5.1chのシステムを作る場合、リアスピーカの配置には悩みます。配線も長くなるのが難点でした。このシステムは、ワイヤレス接続方式なので、自由なレイアウトが組めます。

BDV-N1WL-wireless.jpg

本体とスピーカは同じ色調のイルミネーションを持っているので、インテリアとしての価値も十分に満たされます。



多彩なフォーマット対応


BDV-N1WL-formating.jpg

3Dや4KといったTV信号方式の対応は、もちろんの事、メディアもCDやSA-CD,BD等の光学ディスク、USBメモリ等と幅広く使用可能です。



BDV-N1WLの詳細

BDV-N1WLのスペック表



国内旅行1回分程度の金額で、ホームシアターシステムって買えるんですよね。
ちょっと前まで、もっと高いものだと思ってました。


正直、大学生で、音質にこだわった部屋を構築している人はあまり聞いたことがありません。
なので「大人の楽しみ」という感じで、ちょっと憧れがあったりします(笑)



木曜日は更新できなくてすいませんでした。
PDFファイルと格闘していました。


次回の更新は、2013年10月6日(日)を予定しています。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。