So-net無料ブログ作成
検索選択

ワールドカップ見るならホームシアターシステム「BDV-N1WL/N1B」はいかが?? [その他製品]

WS000127.JPG

ソニーストアでホームシアターシステムの「BDV-N1WL/N1B」を体験してきました!

以前ブログでもBDV-N1WLについて書きました。
その時の記事がこちら。


デザインがカッコいいなと思って注目していたのですが、いつの間にかブラックが出るようです。
勉強不足・・・。
ちなみに、ホワイトは発売中で、ブラックは2014年5月31日発売予定です。

なんとなくですが、ブラックのほうは人型汎用決戦兵器(エヴァンゲリオン)的な雰囲気を感じます(笑)


BDV-N1WL/N1Bには、サッカーモードなるものがあるんです。
もうすぐワールドカップということで、取り上げることにしました!

実際に体験してきたので、簡単にレポートします。


BDV-N1WL/N1Bの配置状況


ホームシアターシステムのBDV-N1WL/N1Bは、8つ置くものがあります。

CD/DVD/BDなどを再生する本体(?)。
USBメモリや外付けHDD内の音楽、動画なども再生できます。
あとは5つのスピーカーと、2つのアンプです。

スピーカーが5つというのが、リアル5.1chサラウンドと呼ばれるゆえんです。

スピーカーの最適な置き方はこんな感じです。
前に3つ。
DSC09370.JPG

後ろに2つ
DSC09372.JPG

こんな風におけるのが最高なんですが、それぞれ部屋の状況が違います!
ホームシアターシステムを買ったはいいものの、本棚を動かさないといけないなんていうことになったら、休日が一日減ってしまいます!

ゆっくりした時間を過ごすために買ったのに・・・というのは本末転倒ですよね!
そんな人にうれしいのが、スピーカーリロケーション機能です!(ばーん)



スピーカーリロケーションとは!


スピーカーリロケーションを訳すと、スピーカー再配置・・・かな?です!(スピーカー訳せてない)

つまり、スピーカーの位置を最初の簡単な設定によって、あたかも最適な位置にあるかのような音の出し方をしてくれるんです。

文章よりも下の図のほうがわかりやすいと思います。

WS000128.JPG

白い箱が実際にスピーカーが置いてある位置を表しています。
青い(?)箱があたかもその場所にあるかのように聞こえてくる場所を表しています。


WS000129.JPG

音場設定マイクで自動的に設定してくれます。
だいたい30秒ほどで完了するようです。



ワールドカップに使いたいサッカーモード


DSC09371.JPG

あと1か月ほどでサッカーワールドカップが開幕しますね。
ワールドカップを現地で観戦できれば良いですが、今回のワールドカップはよりにもよって地球の裏側です。

カタールだったら見に行けるのかというのは別の話ですが(笑)


BDV-N1WL/N1Bのサッカーモードは、スタジアムの歓声などが大きくなるモードです。

実際に体験した印象は、もともとのサラウンド感も手伝ってか、臨場感はかなり増します
ただ、生カンプ・ノウと比べると劣ります(ただ自慢したいだけ)

実況・解説の人の声が聞き取りにくくなる感じではないので、松木安太郎さんの名(迷?)解説も楽しめます。

また、現地で観戦している感をより出したい場合や、早野宏史さんのダジャレが聞きたくない場合は、実況、解説の声を切ることが出来るナレーションOFFモードもあります。(早野さんごめんなさい。)


家に多くの友達を呼んでサッカー観戦する場合や実況の練習をしたい場合は、ナレーションOFFモードがオススメですね!


価格は、だいたい6万円ほどですが、ソニーストアの会員なら、AV10%OFFクーポンが使えます。
その場合は、税込で55356円ですね。

サッカー以外にも映画や音楽などでも威力を発揮するので、良さげな買い物ですね。





最近、更新が予定通りいっていないので申し訳ないです。
4月病です(なにそれ)

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の更新は2014年5月1日を予定しています。





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。