So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイレゾへの道!ウォークマン編 [その他製品]

WS000135.JPG

こちらの記事の続きです。


前回の記事では、ハイレゾを楽しむために必要なものを確認しました。
簡単に言えば、ハイレゾ音源だけではなく、ハイレゾ音源を再現してくれる対応アンプがないと、ハイレゾの力を最大限発揮できないということでした。

今回は、ウォークマンでハイレゾを楽しむ方法を解説します。


初期投資に必要なおおまかな金額


ハイレゾ環境を整えるには、いくつかのパターンがあります。
ウォークマンの場合は、ハイレゾ対応ヘッドホンを含めて、だいたい7~10万円くらいです。(余談ですが、ロードバイクと同じですね)

こういった趣味の世界は、お金をかけようと思えばいくらでもかけられるので、とりあえず上限を決めておくのも手だと思います。



ハイレゾ対応ウォークマン


ハイレゾ対応のウォークマンは現在2シリーズあります。
ウォークマンZX1とウォークマンF880シリーズです。

ZX1のほうが音に対するこだわりを考えると上位機種になります。


NW-ZX1


アルミの塊から削り出されたZX1のフレームは、音質の向上にも一役買っています。
高い剛性により、余計な振動が減るためです。

高級感あふれるデザインのためだけではないんです(笑)


データが大きくなりがちなハイレゾ音源にもうれしい128GBの容量を備えています。

nw-zx1.PNG
NW-ZX1の詳細を確認する


F880シリーズ


音、容量、デザイン(好みですが)以外の部分は、F880が上回ると思います。
ZX-1にはない、デジタルノイズキャンセリング機能があります。
周囲の騒音を約98%カットしてくれます。
通勤、通学にはうれしい機能ですね!(ヘッドホンをつけて自転車に乗るのは危険です!)

FMラジオが聞けるのが地味にオススメです。
ZX1はFMラジオが聞けません。

f880.PNG
F880シリーズの詳細を確認する


今ならF880シリーズのエヴァンゲリオンモデル数量限定で販売されています。
新劇場版のサウンドトラックがプリインストールされています。(もちろんハイレゾ音源です!)

eva1.PNG
エヴァンゲリオンモデルの詳細を確認する


ハイレゾ対応ヘッドホンはMDR-1RMK2などがあります。

ソニーストアでは、20000円~38000円ほどでハイレゾ対応ヘッドホンが手に入ります。
クーポンを使えば10%OFFになります。





名古屋でFMラジオ局といえば、ZIP FMが有名です。
一時期、はがき(メール)職人をしていたので、コバタク(小林拓一郎)のサイン入りステッカーを何枚か持っています(笑)
最後まで読んでいただいてありがとうございました。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。