So-net無料ブログ作成

アクションカムで自転車旅を記録しよう! [アクションカム]

acam_main_visual20140219.jpg

ソニーの特集ページで、本栖湖周辺のツーリングの様子を、ロードバイクに取り付けたアクションカムで撮影した動画が公開されています。

Let’s 実況ライド! | Japan Dream Road |

今後、動画は追加されていくそうです。


アクションカムというと、Go Proが有名かもしれませんが、ソニーのHDR-AS100Vもかなりの性能を誇っています!

自転車とアクションカムという視点から紹介したいと思います。


どこにカメラをつけるか??


WS000156.JPG

自転車のどこにつけるかというの意外と悩むかもしれません。


紹介した動画では、ロードバイクの上記4箇所にアクションカムを付けていて、動画内では画面を切り替えています。

そのため、ヘルメットにつけた場合や、ハンドルにつけた場合に、どういった感じの映像が撮影できるのかがよくわかる構成になっています。


アクションカムをヘルメットに装着すると、周りの景色などの紹介が簡単です。
頭を向ければ良いだけなので。

ハンドルに装着した場合は、走行風景や、コース紹介にはぴったりです。
道路の段差などで画面が揺れてしまったりしまいますが、それもまたリアリティがあります。


動画を見た感じでは、手ブレ補正が利いているためか、細かい揺れは感じませんでした。



GPSで記録できる


ソニーのアクションカムのオススメしたいところは、GPSで様々な記録ができるところです。

走行距離だけでなく、標高データや走行速度などもGPSによって記録できるという点です。




上のような動画も作成できます。



雨の日ライドも心配無用


image_2.png

エントリーモデルのHDR-AS30Vは、防水カバーが必要でしたが、スタンダードモデルのHDR-AS100Vは、本体が防滴仕様です。

雨の日でも問題なしで使用できます。



ライブビューリモコンが便利


image_3.png

腕に装着するライブビューリモコンで、現在撮影している動画の確認もできますし、録画開始や停止も可能です。

こちらのライブビューリモコンも3m防水なので、雨の日でも大丈夫です。


HDR-AS30V


WS000158.JPG

>>ソニーストアでHDR-AS30Vをみる


HDR-AS100V


WS000157.JPG

>>ソニーストアでHDR-AS100Vをみる



ちなみに僕が見たのは、「舞台『弱虫ペダル』エース対決」という動画で、弱虫ペダルの舞台俳優さん2人(郷本直也さんと滝川英治さん)が、実況しながら走るという内容でした。

最後には、ちょっとしたスプリント勝負(?)があります(笑)

ロードレースファンなら一度はやったことがあるまたはやってみたいはず!
ただ僕はスプリント力がないので、まだ山岳での勝負が良いです(笑)

僕の、レイノルズ531のラレーレコードエース(言いたいだけ)が火を噴きます!


ちなみに、挑戦者は募集していません!(笑)





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。