So-net無料ブログ作成

Eマウントレンズが使えるレンズスタイルカメラQX1登場! [α(アルファ)]

ILCE-QX1L.jpg

初代モデルがとても話題になったレンズスタイルカメラのQXシリーズに、なんとEマウントレンズ交換式のモデルが登場しました。

デジタル一眼レフです。

ファインダーはありませんが、スマホの画面に撮影する画像と同じ画像を表示できるので、レフレックスカメラということで良いと思います(笑)

QX100もRX100M3相当の高画質で撮影できたわけですが、QX1は、レンズが交換できるだけでなく、イメージセンサーが強化されています。

QX1と単焦点レンズで、SNSにボケ味のある写真を簡単にアップできます。


ASP-Cサイズのイメージセンサー搭載


デジタルカメラにおいて「眼」の役割を果たしているのがイメージセンサーです。

一般的には、大きいほうが高画質(にしやすい)と言えます。

「フルサイズのイメージセンサー」という言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、フルサイズというのは、35mmサイズのことを言います。

大きさは36mm×24mです。
イメージセンサーはとても小さい部品ですが、とても重要な部品です。

ちなみに、35mmなどの名前や大きさは、フィルムの規格に起因しています。

original_ILCE-QX1_sensor_img.jpg

QX1に搭載されているイメージセンサーはASP-Cサイズと呼ばれるものです。
コンパクトデジタルカメラに搭載されているイメージセンサーのサイズよりは大きいサイズです。

ASP-Cは35mmフルサイズのイメージセンサーより一回り小さく、23.2mm×15.4mm(メーカーによって大きさが多少違います)です。

多くのデジタル一眼カメラがASP-Cサイズのイメージセンサーを搭載しています。

フルサイズのイメージセンサーを搭載しているカメラはソニーではα7などの上位機種に限られます。

QX1は、普通のデジカメと違って面白い形をしているので、性能が気になるかもしれませんが、実力も備えていると言えます。



激しい動きには向かない??


y_ILCE-QX1_phone_img.jpg

QX1には、液晶ディスプレイやファインダーはついていません。

スマホをディスプレイがわりに連携して撮影するということが想定されています。

QX10やQX100でもありましたが、スマホと通信をするということで、若干タイムラグが発生することがあります。

また、オートフォーカス機能に関しては、他のデジタル一眼よりも弱いと言わざるを得ないと思います。
なので、QX1では、野球やサッカー、競馬、鉄道など、動くものを撮影するには向かないと思います。

オートフォーカス機能などを重視するならα6000やα5100またはNEX-5Tを購入していただくことを断然オススメします。

QX1での撮影は、風景や料理、人物などが主な題材になりそうです。

QX1のオススメしたいところは、やはりスマホとの連携です。



スマートフォンとの連携が命


y_ILCE-QX1_nfc_img.jpg

QX1はスマホとNFCまたはWi-Fiで接続して使用します。

original_ILCE-QX1_sns_img.jpg

QX1で一番いいと思う機能は、撮った写真をすぐにSNSなどにアップロードできる機能です。

撮影した写真は、カメラ本体とスマートフォン本体に保存されます。
スマホで撮影した写真のように、簡単にSNSにアップロードできるわけです。


撮影した写真の確認


y_ILCE-QX1_phone_monitor_img.jpg

撮影した写真をすぐにスマホの液晶で確認できるのもポイントだと思います。

一般的なデジカメの液晶より、スマホの画面のほうが大きく解像度も高いので、細かい部分の確認が可能です。

確認したい部分の拡大などが直感的に操作できるのもうれしいですよね。



QX1と一緒に購入したいレンズ


一眼カメラの良いところは、やはりレンズを交換することで、楽しみが倍増するところです。

デジタル一眼を初めて方には、ズームレンズの後に、単焦点レンズの購入をオススメしています。

ズームレンズがあれば、いろいろな状況に対応できます。

単焦点レンズを使うと、一眼特有のボケ味のある写真の撮影を楽しむことができるのと、撮影技術の向上に役立つと思うからです。


単焦点レンズをすすめる理由


SEL50F18.jpg

単焦点レンズは、焦点が固定されているレンズです。

単焦点レンズは、被写体に自分から焦点を合わせにいかないといけないので、おのずと立ち振る舞いが矯正されていくというメリットがあります。

足で動いて構図を考える必要があるからです。

QX1のパワーズームレンズキットと一緒に「単焦点レンズ(E 50mm F1.8 OSS)SEL50F18」の購入がオススメです。

レンズは、後から買い足すことが出来るのと、本体が変わっても使えるというのが良いですよね。

QX1は10月1日に先行予約販売開始です。
迷う時間は十分ありますね!(笑)



>>ソニーストアで「QX1」の商品説明をみる



スマホとQX1両方の電池を心配しないといけないのが気になるかもしれません。
ソニーのポータブル電源についてまとめたので、参考にしてください。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。