So-net無料ブログ作成

新生VAIO ZシリーズのCPUはTDP28W!・・・つまりどういうこと!? [VAIO Zシリーズ]

WS000185.JPG

VAIO Zが発表されました!っていうのは、みなさんご存知だと思います!
驚異のスペック!モンスターPC「VAIO Z」(2015年ver)が発表されました!

お店にも展示機が来たので、ちょくちょくいじっていきたいと思います。

今日は、VAIO Zの売りのひとつである、「TDP28W」のCPU搭載について解説したいと思います。


TDPってなんぞや!?


TDPというのは、東京ディズニー・・・間違えました、サーマルデザインパワー(Thermal Design Power)のことです。

サーマルは熱という意味です。
日本語では熱設計電力という訳が当てられています。

熱設計電力とは?


熱設計電力は、簡単に言うと、CPUが最大で出す熱量を表しています。

CPUが出す熱量は、CPUが使う消費電力と比例します。

パソコンを設計するときに、CPUの温度というのは、かなり大事です。
というのも、CPUが動作しているとき、かなりの熱量を放出しているからです。

CPUがどれくらい熱くなるかというと、高校の時パソコン部の友達が実験でCPUの熱を利用して目玉焼きを作っていたくらいです!(このブログでこの話は2回目です(笑))

つまり、TDPの値が小さいと熱量も少なくなるので、放熱について考えることが減るので、設計が楽になります。

CPUは基本的には使用する電力量が大きいほど性能はよくなります。
ただ、消費電力量が大きくなると、放熱量も多くなるので、より放熱対策が必要になってきます。

VAIO ZのCPU「インテル第5世代Coreプロセッサー」


VAIO Zには、TDP28WのCPUが搭載されています。
ちなみに、似たような筐体のVAIO Fit 13Aには、TDP15WのCPUが搭載されています。

TDPが違うと、具体的にどれくらい差が出るのか紹介します。


項目Core i7-4500UCore i7-5557U
TDP15W28W
周波数1.8GHz3.1GHz
ターボブースト時3GHz3.4GHz


VAIO Fit 13Aに搭載されていたCore i7-4500Uのターボブースト時のクロック数(3GHz)を、VAIO Zに搭載されたCore i7-5557Uは通常時のクロック数(3.1GHz)で抜かしています!(笑)

発売時期が違うので、単純比較するのはCore i7-4500Uには不利ですが、確実に進化していることはわかっていただけたと思います。


TDP28Wを実現した日本企業連合


VAIO Zはmade in Azumino Japanを標榜するだけあって、日本企業のの技術が数多く使われています。

日本企業の製品は、韓国製や中国製と比べると価格は高いですが、高性能・高品質を誇っています。

TDP28WのCPU搭載を実現するのに、一役買っているのが、日本電産とフジクラです。

日本電産との共同開発で高性能の冷却ファンを。
フジクラとの共同開発で熱運搬納能力の高いヒートパイプを開発しています。


日本製にこだわったわけではなく、性能を追求した結果、日本製になったというわけです。


フジクラのヒートパイプのページ

日本電産のページ

WS000186.JPG



設定でTDPは35Wまで上げられる!


DSC01980.JPG

アプリ検索→VAIOの設定から、CPUとファンの動作モードを変更できます。

インテルでは、コンフィグラブルTDPと呼ばれる機能です。

通常の形態(ノートパソコン時)にパフォーマンス優先を選択した場合、TDPは35Wまで上がります。

VAIO Zに搭載されているCPUは超低電圧版ですが、TDP35Wとなると、標準電圧版相当のマシンパワーになります。

ごいすー!



ここまでの性能のPCが必要な人はどこまでいるかは別として、とにかくオススメです。

ただ、ほんの少しのレスポンスの速さで、創造性は大きく変わると思います。
そして、あなたの所有欲を満たしてくれるのがモンスターPC「VAIO Z」です!


VAIO Z


VAIO-Z.JPG 価格189800円+税~
価格はキャンペーンなどで
変動します。
現在の価格はソニーストアで
ご確認ください。
VAIO Zの価格を確認する
VAIO Zの詳細・製品情報
VAIO Zのスペック表




ちょっとずつ触っていますが、VAIO Zかなりいい感じです。
めちゃ欲しいです。

フォントの感じや、キーボードの打った感じ、タッチパッドなど最高です!
めちゃ欲しいです。(大事なことなので2度言いました。)

この辺の操作感についてはまた記事に書く予定です。

ちなみに、欲しい気持ちを名古屋弁でいうとこうなります。
どえらい欲しいわー。
または、めちゃんこ(むちゃんこ)欲しいわー。

VAIO Zは、物欲モンスターでもありました(笑)

最後に怪物に関するニーチェの言葉を。
「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」 - 善悪の彼岸

今度のVAIO Zの記事タイトルに使おうと思います(笑)←どんな締め方やねん





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。