So-net無料ブログ作成
検索選択

DSC-QX10とDSC-QX100の写真と体験レポート [サイバーショット]

2013-09-30-DSC05623.JPG

↑DSC-QX100です。




DSC-QX10とDSC-QX100といったレンズスタイルとでもいえばいいんでしょうか。
新しい形のデジカメが先行予約販売中です。


出されてみれば、納得というか、こういうのもありだな!という製品です。

一見して、レンズである事は判りますが、コンデジの本体が見えません。
レンズと本体が一体となっているんです。

従来のサイバーショットのWXシリーズのフロントに付けられていたレンズが独立したものと考えると判りやすいです。


そんな新しいサイバーショット「DSC-QX10」と「DSC-QX100」を
ソニーストア名古屋で、写真を撮らせてもらってきました!



目次


コンデジの技術をスマホユーザーに
まずはDSC-QX10
DSC-QX100体験レポート
レンズの性能の違い


続きを表示する


Walkman Wシリーズで水泳中も音楽が聴けるけども・・・ [ウォークマン]

WS000055.JPG


音楽は持ち歩くものですが、あくまでも歩くときに聴くためのものでした。
走る時も、ヘッドホンを装着している人は大勢いますが、コードがいかにも邪魔そうです。
自分もやったことがありますが、コードの長さを考えていなくて、走ってる途中で、手がコードに引っかかって、イヤホンが耳から飛んでいったことが何回かあります(笑)

ましてや、水泳中に音楽なんて・・・。

そんなシチュエーションでも、しっかりと音楽を楽しめるのがソニーのWalkmanシリーズのWタイプです。



続きを表示する


ハイレゾ音源対応のオーディオをソニーストアで見てきました! [その他製品]

2013-09-28-DSC05660.JPG

こんにちは!
カトーデンキです。


木曜日に書いた
ハイレゾ音源対応など!新ホームオーディオ先行展示と記念品のご案内
で案内させていただいた、新しいオーディオの試聴会に行ってきて、写真をいっぱいとってきました。

写真で音質が伝わらないのが残念ですが。


記念品の写真もあります!
いったいどんなものがもらえたのでしょうか(笑)


続きを表示する


ハイレゾ音源対応など!新ホームオーディオ先行展示と記念品のご案内 [ソニーストア名古屋]

WS000054.JPG


2013年9月28日(土)ソニーストア名古屋で、新しいホームオーディオ商品6種類の試聴会があります。
機種によって試聴できる時間帯が違うので気を付けてください。


ハイレゾ音源に対応したモデルが登場しました。
ソニーストアで、先行予約販売が実施されています。


この試聴会ですが、招待状を持っていると、記念品がもらえます。

というわけで、いつも、ブログを読んでくださっている方に、招待状を手配させていただきます。
記念品、招待状については、記事の最後のほうで案内しています。



試聴会に行ってきました。
ハイレゾ音源対応のオーディオをソニーストアで見てきました!



続きを表示する


外で音楽を聴くときに最適な、ソニーのアクティブスピーカー [その他製品]

WS000053.JPG


こんにちは。
今日は、スピーカーの話です。

スピーカーを持ち歩く発想は、結構昔からありました。
昔は、ラジカセピクニックに持ち出して屋外で音楽を聴くという人がいたような気もします。
ドラマか何かで見たのかもしれません。
今では、なかなか見かけませんけどね(笑)

というのも今は、外では、スマホやウォークマンiPodなどで音楽を持ち歩くというスタイルが一般的になったと思います。

屋外で音楽を聴くとき、一人であればOKですが、複数で聞きたい場合は困ります。
ウォークマンの音量を最大にして、聞くという方法もありますが(笑)、持ち運びできるスピーカーを使用したほうがスマートです。

ソニーで持ち運びしやすいスピーカーといえば、アクティブスピーカーです。
SRS-BT5はテニスボール程度の大きさ、SRS-BTS50はペットボトルくらいの大きさです。




続きを表示する


EマウントのNEXシリーズでもAマウントのレンズが使える! [α(アルファ)]

WS000050.JPG

↑EマウントのNEXシリーズでもこれらのAマウントのレンズが使えます。


写真入門を果たしたNEXユーザが、次に求めるものは何でしょう?
色々悩むものが製品化されています。
通常はEマウントのバリエーションを追加する事でしょうが、人によってはAマウントが使いたくなる人もいるでしょう。
当然、Aマウントタイプの方が、そもそも歴史が長い分、商品の種類が豊富です。

コニカミノルタ時代のAマウントレンズも使えます。

さあ、ボディはNEXを買ったけれど、目の前にすごいAマウントレンズがあったら、アダプター、LA-EA2を使って、NEXのホディに装着してみましょう。
世界が広がるはずです!




目次


互換性はどうなのか?
色々な絵に挑戦しよう!



続きを表示する


デジタル保管庫!パーソナルコンテンツステーションLLS-201 [その他製品]

WS000040.JPG

これは何でしょうか?
ソニーが新しいタッパーを出したわけではないんですよ?(笑)

デジタル保管庫とでもいうのが良いんでしょうか?
そういう意味では、料理を保存するタッパーではなく、写真動画を簡単に保存してくれるタッパーとも言えます(笑)


パーソナルコンテンツステーションという名前からは、なかなか商品がイメージできませんね。
このことから、市場に競合する商品が存在しないことがいえると思います。

つまり、ソニーでしか買えない製品だということです!
(厳密に探せばあるのかもしれませんが、似たような製品をまだ聞いたことがありません。)


ソニーのコンテンツステーションは、実際に使ったり、使い方を知れば、その便利さが実感できると思います。



続きを表示する


【5000円キャッシュバック中】北川景子のデジタル一眼カメラ、NEX-5T [α(アルファ)]

WS000045.JPG


一眼レフを愛用されている方々には、家電メーカーが始めたミラーレス方式は、どう映っているのでしょうか?

一眼レフはペンタプリズムという機構を、通常見るファインダと撮像するフィルム(デジタルなのでイメージャー)に短時間に首を振って光を導くので、見たままを撮影できるのがコンセプトです。

それに対して、このミラーレスは、半透過型の鏡を通してファインダとイメージャーに同時に光を導く方式です。

ソニーのNEXシリーズは、イメージャがAPS-Cタイプという、一眼レフで用いられているフルサイズのイメージャより若干小さめのものです。

この構成からくる制約は確かにあれど、これは従来のコンパクトデジカメに飽き足らない人や、カメラ女子のように写真を趣味にしたい人に、手軽にしかも高性能な写真を撮る楽しみを提供してくれます。



現在、ソニーでは「はじめよう一眼キャンペーン」と題して、応募者全員に5000円のキャッシュバックを行っています。
2013年8月28日(水)~2013年11月4日(月・祝)の間に購入された新品が対象です。

申し込み締め切りは2013年11月18日の当日消印有効となっています。



目次


NEX-5Tの売りは?
NEX-5Tのアクセサリー群
5000円キャッシュバックキャンペーンについて
キャッシュバックキャンペーン対象製品


続きを表示する


タグ:ソニー α NEX-5T

ソニーのStar獲得が簡単になります!2013年10月1日から [ソニーストア活用法]



My Sony Mail Magazineという、ソニーメルマガがあります。

送られてくるメルマガ内のリンクをクリックして、表示された記事を読むと、ソニーポイントが10ポイントもらえます。
正確に言えば、もらえました。


どういうことかというと、2013年10月1日からは、ソニーポイントがもらえなくなるんです。

「えー!」

代わりに、10 Starもらえるようになります。

「Starってなんですの?」


ソニー製品を登録したり、サービスの利用に応じて、ソニーポイントとは別に、Star(スター)がもらえます。

WS000043.JPG


獲得したStarの数によって、クーポンの種類や量が増えたり、優待サービスを受けることが出来ます。

STAR(スター)について|My Sony Clubについて|My Sony Club|ソニー



スターは、使用するポイントではなく有効期限もないので、減ることなく累積していきます。



スターの数によって、もらえるクーポンが変わると書きましたが、具体的にどれくらい変わるかは、以下の通りです。

WS000042.JPG


クーポンの詳しい内容はこちら



ストアメンバーに登録することで、メルマガを受け取ることが出来ます。

ストアメンバーの登録はこちらのページからできます。
初めての方へ | ソニーストアのご案内 - ソニーストア



登録方法は、以下の記事に書きましたので、参考にしてください。

ソニーストアがお得になる!ストアメンバー新規会員登録のやり方



100円で1Starもらえるので、もらえる特典は増えた計算になりますね。
今までは、10ポイント=10円分でしたが、すぐ使えたのも良かったなと思います。
と言っても、10ポイントが付与されるの遅かった気がしますが(笑)



今日は、21時ごろにもう1記事更新する予定です。



4Kビデオカメラが登場!FDR-AX1 [ハンディカム]

WS000038.JPG

まだ、発売前(11月8日発売予定)ですが、これは注目したいと思います。
4Kのテレビが市場に投入されて、半年程経過しますが、商業ベースでの放送はまだ先になります。
ですが、そもそも、4Kのコンテンツを撮るものがなければ、せっかくの高機能テレビも活きません。

4Kは、ほぼシネコンの劇場用の映像に匹敵するので、これをプロだけではなく、一般消費者も手にする意味は大きいと思います。

製品が普及することで、面白いコンテンツも生まれるはずです。
その最初の一歩がFDR-AX1です。



続きを表示する


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。